難解な公務員試験を突破するために各種対策講座の受講は必要不可欠

難解な公務員試験を突破するために各種対策講座の受講は必要不可欠

目指す職種に合わせた適切な公務員講座を受講しよう

弁護士バッジを付ける

資格教室に通って公務員講座を受講する場合、様々あるコースからどんな講座を選んで受講すれば良いのでしょうか。そもそも公務員とひとくちに言ってもその種類は実に様々で、国の省庁で働く官僚としてのコースもあれば、地方公務員として市役所や区役所で働くコースもあります。もっと広義に捉えれば、警察、消防、教員、一部の保育士などもまた公務員に分類される仕事です。このように数ある公務員の職の何を自分が目指すのか、それをはっきりさせたうえで受講する講座を選んでいきましょう。
掲げる目標によって、目の前のハードルの高さも大きく変わることになります。やはり国の中央の省庁への合格を目指すとなると、筆記試験の段階から鬼のような難易度の問題に立ち向かうことになりますから、講座のレベルもそれに見合ったハードなものとなります。授業数や教材の数だけで尻込みしてしまうぐらいかもしれません。
逆に地方公務員を目指すのであれば、試験そのものの難易度は国より下がるものの、市民と直接触れ合うための人間的な魅力やマナーが求められることとなり、それらを兼ね備えたライバルたちとの激戦に勝たねば合格することは出来ません。いずれにしても、目指すべき目標を明確化したうえで、手段としての講座を適切に選んでいくことが大切です。